春の唐松岳 2696m
2003.5.2(金)〜4(日) 柘植リーダーと御影・樋口の庇護の下、春の唐松岳へ連れて行ってもらった。
最高のカンカン日和に雷鳥の歓迎を受けた。。
下山後は思い出深い信州の「白馬八方温泉」に入り、言うことなし。
5月2日(金) 20:00
22:30
24:30
近鉄小阪駅に集合、御影氏のホンダ・モビリオで出発。
内津峠で休憩。
梓川SAで休憩。
5月3日(土) 2:00
5:15
7:40

8:40
9:15
13:05
14:05
16:30
19:00
ゴンドラ・アダム前に到着、仮眠。
目覚め、今日も快晴。
ゴンドラ、スタート(860円+荷物200円)。大勢の登山客が並んでいる。
ゴンドラの次はリフト2本(300円+300円)
登山開始。荷物が重い、家を出るとき計ったら15Kg もあった。
八方山ケルン・三角点(1974M)。
キャンプサイト着、テント場設営、ピッケルでの整地作業に疲れる。テント場を作り終えてピーク目指す。
ピーク(2696m)到着、皆で握手。しばらく遠望を楽しむ。気温20℃。テント〜ピークの往復1時間。
御影氏準備のうどん鍋を囲んでの夕食。ビールがうまい。
就寝。夜中強烈な風でテントが吹っ飛ぶのでは・・・と思うほど。
5月4日(日) 5:00

6:40
8:40
9:40
10:20
10:50
11:55

20:00
起床、朝食は昨夜のうどん鍋の続き、&コーヒー。
テント内から剣岳を写す。テントの外のコッフェルの雪がコチコチに凍っていた。
下山スタート。しばらくして御影氏に雷鳥を見つけてくれた。感激!写真撮影。
八方池(2060m)、雪によりずり落ちた土砂が堆積してこの池が出来たそうだ。
リフトに乗る。御影氏はリフト1本分、持参のスキーで降りる。
ゴンドラで下山完了。
第3駐車場のすぐそばの「白馬八方温泉」に入る(400円)。
帰途スタート。北陸道〜京滋〜京奈和〜第2阪奈で、長田駅にて解散。
車の走行距離は約950Km。
帰宅。山行中の歩行数:約18,000歩。
同行いただいた皆さんありがとうございました。

5月3日 5:52 アダムから

8:00 リフトに向かう

槍ヶ岳・シャクシ岳・白馬岳

テント設営して一服


6:17 唐松岳

5月4日 テント撤収後