西大台ケ原撮影会   
2007.8.16(木) ならリビング主催の標記西大台ケ原の撮影会に参加した。
参加者は26名、半々に感じるほど女性が多い。
世話役はならリビングの古市さん、好日山荘の奥中さん、ガイドの植平さん。
4:30 起床。橿原神宮前駅に7時集合なので早く起きる。朝早いのに蒸し暑い。

7:00
時間ギリギリに駅中央出口から出ると奥中さんが迎えてくれる。バスにはすでに全員乗っている。
空いた席に同席させてもらおうと「すみません」と声をかけるも、その人なかなかその気配を見せてくれない。最初からチョッと気まずい雰囲気。強引に座る。
バスはすぐに発車。
7:50 国道169号線で川上村役場・杉の湯着。

8:40

伯母峯(1262m)峠着。準備体操をする。

9:10

経ケ峰(1529m)下の駐車場でバスを降りる。
ここから登山開始。登山といっても昼食場所の開拓までは下るのみ。

ここ大台ケ原は明治十八年(1885)四月、北海道探検で有名な松浦武四郎が六十八才のとき登っているが、その紀行文[乙酉掌記]では「大台山は紀勢和の三州にまたがり、人跡はいまだ通じない地である。役小角も行基も空海も錫杖を入れず、この山域を詳細に調べる者もいない。……ここは未だ人の踏み入れた証拠がない」と記述している。

松浦武四郎:北海道の名付け親、幕末における蝦夷・樺太の探検家としての第一人者。

9:40

小休止、撮影。標高高く木陰で涼しい。谷川の水も更に涼しくしてくれる。
皆は撮影に忙しい。

谷川

木陰

コケ

トリカブト

10:30

撮影時間をとりながら進み、開拓跡・吊橋そばで12:00まで撮影・昼食。

吊橋

撮影風景
開拓:
明治の頃この地、高野谷で開拓し、そば、ひえ、大根、馬鈴薯を播種したが、大根、馬鈴薯のみ生育し、他は結実せず廃す。
そのため、現在地名として残っている。
また、高野谷は弘法大師が大台に寺院を草創せんとしたが深山のため現在??高野山に???????している。

12:00

昼食後はアップダウンの繰り返しで登り道だ。足元も木の根やゴロゴロ石で歩きにくい。
ポイント、ポイントでは植平ガイドが案内してくれる。
鹿よけの防護網が見えてきた。
古市さん「防護網は鹿をよけるだけでなく網のあっち側とこっち側の生態系の違いを環境省が調べているんです」とのこと。

鹿よけ

14:30

15:00

松浦武四郎の碑前着。

午後はかなり登ってきたので随分の汗をかいた。
谷川の水が冷たく顔をぬぐうととても気持ちいい。

トリカブトやバイケソウが咲いている。満開はまだ先か?

休憩

スギゴケ

バイケソウつぼみ

バイケソウ
松浦武四郎碑前から最後の歩きを出ようとしたとき、一人が足が攣った。
奥中さんが我々を先に進め、手当てをする。日ごろあまり歩いていないのだろう。

ゴール直前でも一人の女性が苦しそうなので、声をかけると「こんなにきつい山は初めてです」と。

鹿の主食、ササが目に付くようになってくるとゴールは間近。

15:10

ゴール。山頂駐車場。

山頂

山頂風景
15:40 バスで帰路に。

17:00

杉の湯着。
ここで植平ガイドとお別れ。
ご挨拶ではコケがきれいだったこと、トリカブトやバイケソウが見られて良かった、と。

今日の西大台ケ原、9月から入山規制が始まり1日に30人しか入れないし、入山には1000円必要とのこと。
で、8月中の企画にしたそうだ。

この企画、年に何回かやっているそうで、ほかに山登りもあるそうだ。興味がある。
18:10 橿原神宮前駅到着。解散。
本日のDorToDor総歩行数:25,000歩、歩行距離:約13Km。